健康診断健康診断

「健康診断なんて、
どこでやっても一緒でしょ?」
なんてお考えではないですか?

当院では、健康診断を担当する医師が画像診断を専門にしており、撮影したX線の写真、CT、MRIなどの画像は、すべて詳細な読影を行っております。これにより、企業健診から人間ドックに至るまで、質の高い結果を提供させて頂いております。

また、健康診断業務を別棟の健診センターにて行わせていただくことで、外来部門と健診部門は基本的に切りはなされ、健診受診者の方々に、より快適に健診や人間ドックを受診していただけるようになっています。

健診予約直通ダイヤルtel0157-57-6035 FAX 0157-67-6066

受付時間 月〜金 午前 10:00〜午後 5:00担当 青野/高岡/土屋メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ

協会けんぽ加入事業所の方へ

協会けんぽから企業健診の補助金を受けられることはご存知でしょうか?

当院は協会けんぽ(全国健康保険協会:旧政府管掌)認定健診機関ですので、補助金により、一般的な労働安全衛生法に基づいた企業健診と同様の自己負担金でドック並みの詳細な健診を受けていただくことが出来ます。

協会けんぽのホームページを見る協会けんぽのホームページを見る

協会けんぽ生活習慣病予防健診について

健診の種類 コース内容 受診対象年齢 受診者負担割合(税込)
一般健診

コース一覧へコース一覧へ

35〜75歳未満の
協会けんぽ加入者ご本人
受診者負担割合38%
健診費用18,522円のうち
受診者負担額は7,038円
※胃の検査をバリウムから内視鏡に替えた場合、別途2,160円を申し受けます。
付加健診

コース一覧へコース一覧へ

一般健診を受診する
40歳、50歳の方
受診者負担割合50%
健診費用9,428円のうち
受診者負担額は4,714円
乳がん・
子宮がん検診※他医療機関での
実施となります。

問診・視診・触診
乳房X線検査(マンモグラフィー)
子宮細胞診(スメア法)

一般健診を受診する
40~74歳の
偶数年齢の女性36歳、38歳の女性は
子宮がん検診のみ
追加出来ます。
受診者負担割合30%
乳がん検診
50歳以上:3,533円のうち1,060円
40~48歳:5,518円のうち1,655円
子宮がん検診
3,400円のうち1,020円
が受診者負担額です。

※この図は横にスクロールしてご覧いただけます。

協会けんぽ生活習慣病予防健診を当院で受診するには

①毎年3月頃に協会けんぽ(全国健康保険協会)より送付されてくる、対象者が書かれている申込書をお手元に用意していただきます。お手元にない場合は、下記の「申込書が見つからない時は」をご参照ください。
②受診者毎に受診可能なコースが印刷されていますので、受診希望コースをお一人様ずつ○で囲っていただきます。コース一覧はこちらコース一覧はこちら
③当院健診担当にご連絡いただき、健診受診日を予約していただきます。【健診予約直通】0157-57-6035
④申込書に健診を受ける日や健診機関名などの必要事項を記入していただきます。
⑤記入が終わった申込書をコピーして控えをとっていただきます。申込書を当院にFAXしたあと、全国健康保険協会北海道支部に郵送していただきます。
【郵送先】全国健康保険協会北海道支部 〒060-8524 札幌市北区北7条4丁目3番地1 新北海道ビル4階
⑥予約された日付に従って健康診断を受診していただきます。

申込書が見つからない時は

【方法1】受診対象者が記入された申込書を再度送ってもらいます。 申し込み対象者が多い場合に便利です。協会けんぽに電話し、担当者に「生活習慣病予防健診の申込書を送ってほしい」とお伝えください。その際、事業所の記号を聞かれますので、健康保険証をご用意ください。
【方法2】白紙の申込書を印刷して、ご自分で申し込み内容を記入します。 受診対象者が少ない場合や、追加でお申し込みする場合に適しています。健診対象者に協会けんぽ生活習慣病予防健診の受診資格があるかどうかを上の表を参考にして調べ、受診される方をまとめていただきます。下のリンクから白紙の申込書をダウンロードし、印刷していただきます。申込書に受診者情報を記入します。 生活習慣病予防健診申込書(PDF形式634kB)  記入例 (PDF形式148kB) ※印刷できない場合は、当院から申込書を郵送させて頂くことも可能です。オホーツク海病院健診予約受付へご連絡ください。

企業健診・個人健診

企業健診・個人健診を受け付けております。検査項目を指定して受診いただくことも可能です。健診は予約制となっております。詳細についてはご相談ください。

特定健診・介護予検査・
保険指導のご案内

年に1度、医療保険に加入されている方へ特定健診の受診券が送られてきます。特定健診は40歳以上75歳未満の医療保険加入者に受診いただけます。

受診券のデザインは加入している健康保険によって違いますのでご注意ください。また、検査内容も健康保健によって多少の違いがあることがあります。健康保険の種類に関係なく、これらの受診券をお持ちいただければ、受診券に書かれてある負担金のみで、特定健診を受けていただくことが出来ます。是非、受診しましょう。

北見市介護予防検査は、北見市介護保険に加入されている方で、通所型介護予防事業※への参加を希望された方に対し、事前に検査が必要と思われる方を対象に行われる検査です。

※週に1回2時間程度で、3ヶ月間(全12回)を1コースとした送迎付きの教室。
10人程度の少人数で、運動機能向上、栄養改善、口腔機能向上プログラムを複合した形で実施。

また、北見市に在住で後期高齢者医療に加入されている方が受けていただく健診もあります。これらの健診も下記の時間内で受け付けております。

特定健診・介護予防検査 受付時間 月〜金 午前 10:00〜12:00 午後 2:00〜4:30 予約不要

特定健診・介護予検査の詳しい健診内容はこちら特定健診・介護予検査の詳しい健診内容はこちら

当院では、豊富なオプション検査もご用意しております。

オプション検査へオプション検査へ

健診コース一覧企業健診・個人健診

税抜き価格で表示しています。A健診は、労働安全衛生法に基づいた事業主健診です。

検査項目 検査内容 協会けんぽ生活習慣病予防健診 A健診 B健診 C健診
一般健診 一般+付加 ¥7,200 ¥5,000 ¥4,800
¥6,517 ¥10,882
身体測定等 身長
体重
標準体重 - - -
体脂肪率 - -
BMI
腹囲 - -
視力
聴力
血圧
医師の診察
血液
検査
生化学 総コレステロール - - -
中性脂肪 - -
HDLコレステロール - -
LDLコレステロール - -
GOT - -
GPT - -
γ-GTP - -
ALP - - -
総蛋白 - - - -
アルブミン - - - -
総ビリルビン - - - -
直接ビリルビン - - - -
LDH - - - -
アミラーゼ - - - -
尿酸 - - -
クレアチニン - - -
血糖 空腹時血糖 - -
血液一般 赤血球 -
白血球 -
血色素 -
ヘマトクリット -
血小板 - -
血液像 - - - -
尿検査
蛋白
潜血
ウロビリノーゲン - -
尿沈渣 - - - -
便検査 便潜血2日法 - - -
X線検査 胸部単純撮影
上部消化管検査 バリウム・内視鏡 - - -
コンピューター
断層撮影
安静時心電図 - -
腹部超音波検査 - - - -
呼吸機能検査 - - - -
眼底撮影(両眼) - - - -

※この表は横にスクロールしてご覧いただけます。

健診コース一覧特定介護健診・介護予防検査

検査項目 一般的医療保険 ①北見市国保 後期高齢者医療 介護保険
特定健診 特定健診 ②健康診査 ③介護予防検査
問診 服薬歴、既往歴、生活習慣に関する項目
自覚症状等
問診 身体診察
視診(口腔内含む) - - -
触診(関節可動域含む) - - -
計測 身長・体重・BMI
腹囲 - -
血圧 -
血液検査 中性脂肪 -
HDLコレステロール -
LDLコレステロール - -
nonHDLコレステロール - -
GOT -
GPT -
γ-GTP -
空腹時血糖 食後10時間以上のみ実施 -
HbA1c 食後10時間未満の場合、血糖の代わりに実施 -
クレアチニン・eGFR

医師の判断で実施

-
尿酸 - -
赤血球数

以下の場合、医師の判断で実施
・貧血の既往がある
・視診等で貧血が疑われる

-
ヘモグロビン -
ヘマトクリット -
尿検査 尿糖 -
尿蛋白 -
尿潜血 - -
心電図

前年度の結果が基準該当の場合、 医師の判断で実施※

-
眼底検査 - -

※この表は横にスクロールしてご覧いただけます。

税抜き価格で表示しています。A健診は、労働安全衛生法に基づいた事業主健診です。
○基本項目(必須) ●詳細項目 北見市国保独自の基本項目(必須)※心電図検査は北見市国保特定健診では本人希望及び、既往歴などで医師が判断し実施することもできる。

オプション検査一覧

当院では、豊富なオプション検査をご用意しております。

検査分類 検査項目 検査内容 価格(税抜) 備考
胸部CT 救命可能な小さな肺がんは胸部X線撮影(レントゲン)では写らないことが多く、肺がんの早期発見に有効です。 15,000円
喀痰細胞診 肺の入り口に出来た癌細胞は痰に混じることがあるので、痰を調べることにより肺がんを発見できます。CTでは見つけにくい扁平上皮癌などに有効です。 1,900円
消化器 ヘリコバクター
ピロリ抗体
潰瘍や胃癌の原因となるヘリコバクターピロリが胃粘膜に存在しているかを調べる血液検査です。 800円
ペプシノゲン ヘリコバクターピロリによってどの程度胃粘膜が萎縮しているかを血液から調べます。胃粘膜の萎縮が進むと、胃癌にかかりやすくなってしまいます。 6,000円
便潜血検査 微量の便から目に見えない僅かな血液を検知します。消化管のどこかにがんや潰瘍などによる出血がないかを調べます。 750円
動脈硬化 超音波検査 首の動脈を超音波で観察することにより、動脈硬化の早期発見や、脳梗塞の危険度を予測することが出来ます。 3,500円
血圧脈波検査 手足を同時に血圧測定することで、血管の硬さや詰まり具合を推測する検査です。 1,000円
眼科 眼底写真 目の網膜や網膜を栄養する細い動脈を観察できます。 1,450円
眼圧測定 眼球の内圧を測定します。緑内障などは、眼圧が高くなることが多く、そのスクリーニング検査として有効です。 1,000円
腹部 超音波検査 肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓・大動脈などを中心に超音波を使って観察します。 5,300円
脳・脊椎 MRI 脳やその動脈をしらべ、脳の病気や脳動脈瘤を発見できます。また、頸椎や腰椎の椎間板や、脊髄などの情報はMRIによって詳細に調べることができ、椎間板ヘルニアなどの診断に絶大な威力を発揮します。 15,000円
腹部 超音波検査 肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓・大動脈などを中心に超音波を使って観察します。 5,300円
がん アミノ
インデックス・
リスク・
スクリーニング法
(AIRS)
味の素株式会社が開発した新しい血液検査です。血液中のアミノ酸の比率を調べることで、色々ながんにかかっているリスクを評価します。腫瘍マーカ単体よりも早い段階でがんを発見することも可能です。また、最近では、今後4年の間に糖尿病にかかるリスクも評価されるようになりました。 25,000円 対象年齢に制限がございます。
また、妊娠中の方は評価できません。詳細はこちら
腫瘍マーカー 肺扁平上皮(シフラ) 1,800円 腫瘍細胞に特有の成分、または腫瘍細胞が産生する成分を検出する血液検査です。ある程度がんが大きくならないと陽性にならないことも多く、注意が必要です。
主に消化器(CEA) 1,200円
すい臓・胆道(CA19-9) 1,500円
肝細胞(AFP) 1,120円
前立腺(PSA) 1,400円
子宮頚部(SCC抗原) 1,200円
子宮体部・卵巣(CA125) 1,600円
骨塩定量 手のX線写真を撮影して、骨の密度を調べる検査です。骨粗しょう症などがわかります。 1,500円
免疫 アレルギー検査 花粉症や代表的な食物アレルギー・ハウスダストなどを数値で評価できる検査です。ヤケヒョウダニ・スギ・イネ科・雑草・カビ・動物上皮・食物 6,500円

※この表は横にスクロールしてご覧いただけます。

アミノインデックス リスク スクリーニング法(AIRS)とは

アミノインデックス®リスクスクリーニング(AIRS: AminoIndex® Risk Screening)とは、血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、がんであるリスク(可能性)を評価する検査です。
1回の採血(約5mL)で、複数のがんを同時に検査することができます。早期がんにも対応しています。さらに、最近では今後4年間で糖尿病にかかるリスクも同時に評価できるようになりました。

AIRSの検査対象となるがんと費用

一定年齢の日本人を対象に開発された検査です。妊娠されている場合、結果に影響がありますので検査は受けられません。

対象 対象がん 対象年齢 価格(税抜)
男性 胃がん、肺がん、膵臓がん、大腸がん、前立腺がん 25歳~90歳 ※前立腺がんは40歳~90歳 25,000円
4年以内に糖尿病を発症するリスク 20歳~80歳
血液中の必須・準必須アミノ酸の濃度レベル
女性 胃がん、肺がん、膵臓がん、大腸がん乳がん、子宮・卵巣がん 25歳~90歳 ※子宮卵巣がんは 20歳~80歳
4年以内に糖尿病を発症するリスク 20歳~80歳
血液中の必須・準必須アミノ酸の濃度レベル

※この表は横にスクロールしてご覧いただけます。

受診前の注意事項

血液中のアミノ酸バランスに影響を与える可能性がありますので、検査のための採血は、食事後8時間以上あけ、午前中に受診して下さい。またアミノ酸のサプリメント、アミノ酸含有スポーツ飲料、アミノ酸製剤、牛乳、ジュースなども食事と同様にお控え下さい。

結果について

それぞれのがん種、糖尿病について、がんに罹患しているリスク、糖尿病にかかるリスクを0.0~10.0の数値で報告します。リスクの傾向は数値が高いほど、がんである確率、4年以内に糖尿病にかかる確率が高くなります。また、数値からリスクを判断する目安として、「ランクA」「ランクB」「ランクC」に分類され、それぞれのリスクの傾向が3段階で示されます。

ただし、AIRSはがんであるかどうかを確定するものではありません。ランクAと判断された場合でも、がんでないとは言い切れませんし、反対に、ランクCと判断されても、がんであるとは言い切れません。検査にはそれぞれに長所と短所があり、補いあって使用されています。AICSは今までのがん検診とは異なる全く新しい角度からがんの可能性を見つけ出す方法で、他のがんの検査と併用することでがんを見つけ出せる可能性は高くなります。
同様に、この検査は生涯にわたっての糖尿病リスクを予測するものではありません。ランクAでも100%4年以内に糖尿病を発症しないとは言い切れませんし、ランクBやCであっても必ず4年以内に糖尿病を発症するということではありません。